2019-10-23(Wed)

    【5】当て屋の椿 15巻【ネタバレ・感想】【そもそも双子が梅毒になった理由って】川下寛次




    5★当て屋の椿/15巻/感想・あらすじ・ネタバレ//ヤングアニマル





    (感想続き)



    って、、ちょっと待って、、、、、、、、、、あの幼い少女たちに梅毒うつしたの誰!?!?!?^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



    ・・・萱草・・・はさすがになさそう、、そしてぱっと見・あの里で他に発症してそうな人いなかったよね・・・?(夕菅も違うっぽいし)



    潜伏期間があるだろうからそんなすぐには発症しないし、今回黒装束集団に襲われたって感じでもないし。



    (ちなみに調べてみたら、1期と2期の感染力が強いらしい)



    あ、ただ萱草の前妻(多分子供の年齢的に升麻と敦盛の母)・後妻(夕菅と双子の母)がいるとして・・・。。。



    萱草は自分が梅毒患者の信仰の「受け皿」になったのと、、、、チドリへの**のいずれかで梅毒になったんだろうから、前妻も後妻も物語に出てこないのは梅毒で亡くなったのかな。。



    夫婦生活してたらうつるよねえ。。あ、ただ前妻はほかの死因かな?



    えーと整理してみて・時系列的に書いてみると、



    升麻が産まれる → 敦盛が産まれる → (前妻が亡くなる) → 萱草・後妻と再婚 → 夕菅が生まれる → チドリがあやまち →



    16年前の事件・ツヅミ誕生・馬っ子信仰確立 → 萱草が受け皿になったのと・チドリへの**で梅毒に罹患 → 後妻も羅漢 → お産の時に杜松と合歓にも罹患?? → 後妻○亡 ・・・なのか?





    スポンサーリンク






    かたや、、椿はなんでもかんでも見抜いてるな~~~~~~。。



    もう初期から、ツヅミが怪しいの分かってたのか。。



    たてがみに気づいたのかと思っていたけど、、まさかそんなトコロまで見ていたとは。



    あと、ツヅミに言っていた「私も----」のあとは、あの「胸が詰まる程に思う事」がある = 椿にも抱え込んで吐き出せない的な心情が分かると言う事?



    (あの情景だと、セリに対して?それとも棕櫚その他??)







    スポンサーリンク






    そのまた一方、、夕菅・・・・・・・次期「長」になることを怯えていたのに、反転の黒装束たちへの「狩り」っぷりすごすぎてビビったわ^^;;。


    身体能力が突き抜けているのと、あと・・・本当にいやで、死ぬほど脳内でシュミレーションしたんだろうな・・・。



    そして、そんな必死さと淡々さが混ざり合いながら一撃を加えてて、ある意味リアルと言うか。。



    それと、こんないけすかない奴なのにこんな緊急事態に「綺麗事」を持ちこんで来る里の人間が居て、、それを見ていたら



    夕菅に思わず共感したくなっちゃうあたりも、、なんか読んでいて複雑な心境になると言うか。。



    (あんな状況で綺麗事言われたら、確かに腹立つわ・・・と思いつつ、そんな風に思わされてなんかずるい~~~と思ってしまう)



    当て屋の椿 15

    当て屋の椿 15






    【6】に続きます。




    ∩( ・ω・)∩







    プロフィール

    ゆなきゅ

    Author:ゆなきゅ
    ▼▼姉妹サイト▼▼

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    青年漫画メインの4号館
    http://yuna9u.com/

    最新記事
    ◆◆◆11/17まで◆◆◆
    ◆◆◆11/18まで◆◆◆
    ◆◆◆11/19まで◆◆◆
    ◆◆◆11/21まで◆◆◆
    こいいじ 1巻

    長閑の庭 1巻

    ぼくの輪廻 1

    ラブファントム 1

    ◆◆◆11/26まで◆◆◆
    ◆◆◆11/27まで◆◆◆
    ◆◆◆11/28まで◆◆◆
    ★巻ごと丸々無料★期限なし
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    11位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    少女向けコミック
    1位
    アクセスランキングを見る>>
    ★雑誌発売スケジュール★

    ★11/13 別冊マーガレット・ベツコミ・別冊フレンド
    ★11/19 漫画アクション
    ★11/22 モーニング・ツー・チーズ!・デザート・ララ
    ★11/25 キス・ハツキス・月刊アクション
    ★11/26 クッキー(電子化は12/1~)
    ★11/28 ココハナ(電子化は12/1~)
    ★11/29 ハレム
    ★12/1 姉フレンド
    ★12/6 プリンセス
    ★12/7 プチコミック・姉プチデジタル・FEEL YOUNG
    ★12/13 別冊マーガレット・ベツコミ・別冊フレンド

    ※日・祝の関係等でズレる可能性あり。参考まで。
    題名/あいうえお順/0は下書き中
    ★最新記事~全記事一覧★