2023-12-25(Mon)

涙雨とセレナーデ12巻最新61話ネタバレ【母の懺悔】




涙雨とセレナーデ/12巻最新61話/ネタバレ・感想・あらすじ//Kiss2月号2023/少女漫画・女性漫画





涙雨とセレナーデ 61話 ネタバレ・あらすじ●





佐伯がおタカは自分の母と同郷で、仲間を捨てて船を降りた裏切り者だと吐露しはじめると、真実をたかってきた孝章はだんだんとすごい形相に。



しかし今病室にいる医師が実はおタカの主治医だということがわかり、少なからず伝え聞いた懺悔の言葉がある・・・と言いだすのでした。



ただ、そんな母の言葉を伝え聞いても、孝章はあの無口な母がそんなに饒舌に気持ちを激白しているところが想像がつかず、、ピンとこない様子。。



だけど主治医はおタカ殿は愛する者をこそ遠ざけている様に見えた・・・と説明するのでした。



そして実際、佐伯の動機の一端が見えたのだから、ここからは・・・父をどう交渉のテーブルにつかせるか、が問題で。。



で、、実行犯については風間の話の通りなら、天菊が迫っているはず・・・という分析らしいです。。



かたや、陽菜は・・・天菊がその「迫っている」現状を目の当たりにしつつも、ながれがあんまりにも意外過ぎて、、混乱していて・・・!?!?!?(苦笑)



涙雨とセレナーデ 61話 感想●





今話は、おタカの懺悔の内容が詳細に語られてたけども・・・これ、なんとかなるんですかね。。佐伯も恨みつらみたまってるし、



陽菜たちの恋の結末じゃないけども、みんなハッピーになるなんてむずかしいし(亡くなってる人も多数 / からゆき壮絶物語だし)、、



何処に救いを求めれば・・・と思って読んでたら、佐伯は雛子たちを心中させるとかそこまでは考えてなかったらしい。



だから、びびってんのと・あと薬のせいで本郷正妻の関与を口にしちゃってて・・・、、まあこれが証拠!となるのかは微妙だが、



孝章は手ごたえありって感じなんですかね・・・。にしてもいざという時、下手したら正妻こそさっさと命絶っちゃいそうな気がしなくもない。。



よほどの感銘か浄化か納得か諦めかの方針転換でもない限り、事件やもろもろが解決して幸せに近づいていく(?)孝章の様子をつぶさに見るなんて、



それも第二の地獄だろうしなあ。。。(その時、本郷氏道連れにするかはわからないけども / まあ、、何もしない可能性も高い)



▼「涙雨とセレナーデ」誰が好き?人気投票アンケート♪












1巻5話入りと考えると巻をまたぐにはあと2話か・・・あと2話の結末付近で、何か起きるんですかねえ。



ただし、次号休載!


涙雨とセレナーデ最新62話は、Kiss4月号♪


2024/2/24発売★
プロフィール

ゆなきゅ

Author:ゆなきゅ
▼▼姉妹サイト▼▼

TL漫画メインの別館
https://yunakyu2.blog.fc2.com/

BL漫画メインの3号館
https://aniyuna9.blog.fc2.com/

青年漫画メインの4号館
https://ojiyuna9.blog.fc2.com/

*Ranking*
記事が役立ったら押してね

▼(´ー`)φ♪▼

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

最新記事
*広告*
題名/あいうえお順/0は下書き中
★最新記事~全記事一覧★