2024-01-28(Sun)

瓜を破る 2巻ネタバレ【「もうちょっと」w急接近?】




瓜を破る/2巻/ネタバレ・感想//週刊漫画Times/青年漫画~ヤングレディースコミック





瓜を破る 2巻 ネタバレ・あらすじ●





帰宅したら、同棲中の彼氏が自分の荷物をまとめて引き払っていた。。



となると味園はショックを受けたものの、仇敵の辻さんが復職して会社になじんできているこのタイミングで・・・とか、あの日はちょっと言い過ぎたけど



でもあれくらいのこと今まで何度もあったじゃんとか、どうしても反省できずにいるのでした。



だけどある日、そもそもメッセージは数日前に夕飯のメニューを送信してきてくれたのが最後で、自分は返信もしてなかったと気づいた味園は愕然。



かくして、味園はいつから聞かれなきゃ、作ってくれたご飯に「美味しい」って言わなくなったんだろ・・・とか、いつから年収を揶揄するような



ひどいことを平気で言うようになったんだろうとか、こんな周囲を否定してばかりの自分・・・私が真だったら、こんな私と一緒にいたいって思うかな?とか、



いつから私 こんな怪物みたいになっちゃったんだろ・・・と痛感できるようになるのでした。。



でも気づいても、真は戻ってきてくれないかもしれない。。



だから味園がどんどん精神的に追い詰められていったのに、辻さんはへっちゃらで朗らかに話しかけにいってしまいます。



となると心配されても素直に受け取れない味園は反発し、社内は険悪な雰囲気に。。



ただ新田さんによると、味園と辻さんはそもそも入社したての頃はすごく仲良しだったんだそうで、まい子たちはびっくりしてしまうのでした。



かたや、こころを閉ざしがちな鍵谷は、趣味でゲーセンに通いレトロ筐体ゲーム機「バベル/吸血鬼退治人」を極め・周囲から話しかけられるも、



対戦はしてあげるけどそれ以上は大会に誘われても何されてもそっけないまんま。。



しかも先日、ホテル前で男に絡まれていたまい子のこともよく覚えてなくて、メンテナンスに来た時に謝られても・いろんなことがピンと来ていない様子です。



となるとまい子は自分の自意識過剰さに内心恥ずかしさMAXだったものの、ひょんなことから鍵谷が・自分が小さい頃兄とやりこんで大好き



だった「バベル」を好きな事を知り、一気に話が盛り上がる展開に。。



とは言え、趣味と話題があうのに舞い上がってたくさん話しかけたまい子とながれで思わず1週間分くらいしゃべった鍵谷とでは温度差があり、



つい勢いのままに「よかったら今度一緒にご飯とか行きませんか!?」という誘いに、固まられてしまって・・・!?!?!?^^^::



瓜を破る 2巻 感想●





2巻は、味園と真・そして辻さんとのあれこれが・・・まさかの展開に。。関係性とモノローグがよかったかなあ。。あれだけカリカリしてたのに、



自分の愚かさを身に染みて分かっていく様子・なんとかしてあげたいと尽力する様子、ともになんだかんだでほほえましかったと言うか。。



しかし、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ほほえましいと言えば・・・1巻~2巻中盤まではそっけない不器用男子だった鍵谷、、だんだん



不器用カワイイさ加減が漏れ出てきててなかなかだったかもw。って、まい子が急に誘った時もビビったけど(脳内の思考回路的には、そんなに飛躍はしてないんだけど)、、、



そんなん誘われたことないから 断り方がわからんって(大笑)。。まい子も、鍵谷がマスク外した顔まだ見てないのによく誘ったなあ。。ほんとに意気投合したから、って感じか。。



断り方がわからないから殻にとじこもるかと思ったら、まい子がいい人そうだしヘンなリアクションしたら悪いが勝つあたり、やっぱ鍵谷は相当優しそう。。



不器用一途男子がツボな読者は、次第に悶死させられるかもしれない。



でもって、二人とも勢いでごはんの約束しちゃったけども、何着てくかとかどこでどうしようとか悩みだしたら、めんどくさくなって落ち込んできちゃうの・・・



この年齢ならあるあるかもしれない。ただそこにとどまってないで次踏み込む力があるあたり、うじうじをちょっと描きつつも長引きすぎないから読みやすいかもしれない。



(表現力はないだけで、根っこの力はある二人なんだな)



で、、なんで前に鍵谷がバベルやってる描写があったのかなーって思ったら、ゲーセンの筐体ゲーム機、、、、確かに画面のぞくから二人の距離感が!!



まい子が身を乗り出して見てたら&ピンチになった時のアシストでとっさに手が触れたとき、鍵谷が内心あわあわしててかわいかったw。



割とほのぼの系の絵柄なのに、恋を「していく」過程の表情が、意外にも豊かだ。。



しかも、デート初日におうちへ!!!!!!!!!で、ただれた感じが一切ない純粋さがあるようで、内心悶々としたりしてる匙加減がこれまた希少w。



(割と普通の漫画、どっちかにふりきってるか5:5くらいなんだよね~。あと、「また今度」と「もうちょっと」のすれ違い具合がかわいい



→ からのこれは流れるだろ~なと読みながら油断してからの、、またしてもな意外性でびっくりしたw)






2巻結末、びっくりしたけど、あのそっけなくてコミュ障的な鍵谷が「もうちょっと話したい」云々って突発的に発言したら、そりゃあまい子も舞い上がるか。。



普段絶対言わなそうだもんねえ、それなのにそう思ってくれたレア感が半端ない。。あと完全に文言が一致してなくて、ズレてるあたりも余計勢いつきそう。



”鍵谷さんがそう言ってくれるなら 私だってもっと話したい 誰かとちゃんとお互いこう思うことなんて 今まで一度もなかったんだから!”



かあ。。まい子は鍵谷のそういうレア発言で勢いづいたけど、なにせベースがから閉じこもり系だから、、家連れ込んでもなんとかなるんだろうか(そーゆーのだけじゃなくて、シンプルな会話だけでも成立するのか!?)。。



↑もはや心配な二人を見守る親目線に近くなってきた。


sponsored link



関連記事
プロフィール

ゆなきゅ

Author:ゆなきゅ
▼▼姉妹サイト▼▼

TL漫画メインの別館
https://yunakyu2.blog.fc2.com/

BL漫画メインの3号館
https://aniyuna9.blog.fc2.com/

青年漫画メインの4号館
https://ojiyuna9.blog.fc2.com/

*Ranking*
記事が役立ったら押してね

▼(´ー`)φ♪▼

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

最新記事
*広告*
題名/あいうえお順/0は下書き中
★最新記事~全記事一覧★