2019-11-27(Wed)

ホリデイラブ ~夫婦間恋愛~ 8巻【最終回有】【ネタバレ・感想】こやまゆかり・草壁エリザ




ホリデイラブ ~夫婦間恋愛~/第8巻//ネタバレ・感想・あらすじ




8巻は、92~113話入り。



ホリデイラブ 8巻 ネタバレ・あらすじ●





杏寿たちはブログを消させることに成功したものの、責任を押し付け合って里奈と麗華が大喧嘩する展開に。。



「ひどい 私一言も頼んだりなんかしてません お義姉さんが勝手にやったんじゃないですか?」



「はあ? 計画が成功したら100万の借金はチャラにしてあげるって言ったよねあんた それってさー もうれっきとした依頼じゃないの?


いっつも自分じゃ手を下さないで、必ず相手から動くように仕向けるの



杏寿のダンナのこともその手口で引っ掛けたんでしょ!! 許せない今すぐ出てって」・「問答無用で渡に連絡するわ」



かくして里奈が止めても麗華は激怒し、井筒をその場に呼んでしまいます。



となるとまさかの全員集合となってしまったものの、杏寿は「こうなったらご主人にも一緒に聞いてもらいましょう」・「私と純平が何でここにいるのか この3人が組んで一体何をしたのか」と暴露を開始。。



しかしこの話の流れで、杏寿も知らないような真実が明らかになり・・・!?!?!?



ホリデイラブ 8巻 感想●





最終巻は、里奈の今までの悪行が明らかに・・・!!



いやしかし思うのが、その後もそれでもあきらめず・純平に復讐していくあたり、里奈はどこまでも里奈だな~~~と思ったり・・・



杏寿はいきなり井筒を責め出して若干優等生モード(?)と、これまた杏寿はどこまでも杏寿だな~~~と思ったり・・・。。



この辺突き抜けてるとこ、こやまゆかり先生節だなあとか思ってしまった(笑)。



「井筒さんは確かにここにいつ人間たちのような浮気や犯罪など何もしていませんだけど



今回の出来事の全ての”大元”となるのは 井筒さんなのではないでしょうか」かあ・・・・・・・・・・いや正論なんだけど、、でもサレ夫がこれを言われるのか・・・と思ったりも(複雑)。。



まあ、、井筒のモラハラっぷりも酷かったけどねえ、、でも里奈の周囲への画策・追い込みっぷりの方が酷かった気もするしな・・・。。



さらに、杏寿は交換条件出して里奈を封じ込めようとしたりしてて、、母は強しと言うより(開き直って腹をくくった)正妻は強し・・・!と言った風でもあったかも。



いやしかし、果てには、純平が「志賀は本当に杏寿の事を好きだったのかも・オレがこんなに杏寿のことを”いい女だな”って思うんだから



他の男がそう思っても全然おかしくない」とか褒めちぎるって・・・・・・・・・・・・・お・・・おぅ。



いやそもそも君何したっけ・・・??とか思っちゃうんだけども、ここらへんの性格出まくりなあたりも、こやまゆかり先生節はいい意味で容赦がないw。



しかしトータルで&結末を特に考えて比較すると、ドラマ版の方が原作漫画よりも里奈は悲惨な最終回だったような。。



(なにせかたや、フライング里奈だもんな)




スポンサーリンク






まあ、、原作の方が純平へのトドメの刺し方が怨念こもってた気もするし、あーただドラマの方が鬼気迫る感じではあったかな。。



ああただ、「あなたが少しでも------- 私を受け入れてくれたら お母さんの映像の部分はカットして流さないようにしたのに



あなたが私をこんな行動に走らせたのよ」と言う自己中な女子が、色々失いつつも結構肝心なところは最終的には逃さなかったあたり、、ううーん。。



いやそれでも、ほんっと~に遠目で見ると、ある種・ある角度においてはサレ妻の「その後」としては理想じみてもいるのかなあ、、この話の流れ。。





スポンサーリンク







だって、、、杏寿を陥れようとした人々は感心したり・実は憧れてたり・好意を持っていたり・・・だし、、純平はないがしろにしてきた妻を一転・絶賛しちゃってるし、、



浮気の事実は変わらないとしても・・・非常に穿った見方をすれば、、、要所要所である種綺麗事でマウンティングまでキメてきたし。。



そう考えると、肝心な時に杏寿と逆に一手をうてず失言を繰り返してた井筒とは対照的過ぎて、同じ「サレ」カテゴリなのに人生正反対になったなあ・・・としみじみとしてしまいました^^;;。



(だけど、杏寿みたいになれるかと言うと・・・感情や言動のコントロールなんて結構大変そうだし・簡単にはそうできなさそう・・・。。)



▼「ホリデイラブ」誰が好き?/誰を応援してる?







▼杏寿と純平。

ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜 (8)

ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜 (8)





◆関連カテゴリ ⇒Kiss1冊分全作品紹介



◆こやまゆかり先生作品ネタバレ感想記事一覧 バラ色の聖戦1/2の林檎やんごとなき一族ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」(原作)
スイート10×一物語(バツイチ物語)・指輪の約束




◆関連記事 個人的に印象的(?)だった【浮気・不倫漫画】特集★2ホリデイラブについての記事を書いてます)



かなり前に「めぞん一刻」の書評か何かで「五代くんのサクセスストーリーだった」と書いてあるのを見かけた時に、それまではどっちかと言うと紆余曲折の数々が目につきすぎてあんまりそう言う印象無かったんだけど、



確かにそうか~~~としみじみとしたことがあって。。



で今作を考えると、、、浮気された過去はどうにもならなかったしドタバタゴタゴタの紆余曲折はあれど、意外と一側面ではその十字架があった上での限定だけども、杏寿のサクセスストーリーなのかな・・・?と思ったりも。。



里奈がその後ほんとにちゃんとできてるのかはちょっと心配なものの、、これだけの難敵と戦ってのこの結末、、中々たどり着けるものじゃないなあなんて思ってしまいました。




sponsored link

関連記事

▼記事が役立ったら押してね(´ー`)φ♪▼
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

∩( ・ω・)∩







プロフィール

ゆなきゅ

Author:ゆなきゅ
▼▼姉妹サイト▼▼

TL漫画メインの別館
https://yuna9a.com/

BL漫画メインの3号館
https://aniyuna9.blog.fc2.com/

青年漫画メインの4号館
https://yuna9u.com/

最新記事
◆◆◆7/12まで◆◆◆
◆◆◆7/14まで◆◆◆
◆◆◆7/16まで◆◆◆
東京タラレバ娘 1巻

東京タラレバ娘 1巻

◆◆◆7/19まで◆◆◆
◆◆◆7/26まで◆◆◆
◆◆◆7/31まで◆◆◆
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少女向けコミック
1位
アクセスランキングを見る>>
★巻ごと丸々無料★期限なし
★雑誌発売スケジュール★

★7/1 姉フレンド
★7/3 Lala(電子)
★7/4 プレミアチーズ!
★7/8 プチコミック・姉プチデジタル
★7/13 別冊マーガレット・別冊フレンド・ベツコミ
★7/21 デザート
(チーズも電子は21になるかも?)
★7/22 チーズ!・キス
★7/25 ハツキス
★7/29 ハレム

===
★8/1ごろ LaLa
★8/1 姉フレンド
★8/7 プチコミック・姉プチデジタル
★8/28 ヤングアニマル
★9/4 プレミアチーズ!
★9/4か5くらい プリンセス

※日・祝の関係等でズレる可能性 + 緊急事態宣言の影響で発売延期の可能性あり。参考まで。
題名/あいうえお順/0は下書き中
★最新記事~全記事一覧★